都道府県別健康診断代行の平均利用料金

健康診断代行とは組織向けに予約や清算、結果の改修など関わる業務を一括で代わりに行い、結果をデータとして集約と分析して健康増進施策に役立てるようにサポートするサービスです。施設型健診だと全国の事業所や自宅の近くで受診が可能で、全国に多くの機関とのネットワークがあり利便性にあわせた医療機関を利用可能です。巡回型は医療機関がない地方、低コストで受診が可能で指定した日時と会場にスタッフと機材、検診車などを派遣して行います。これは単独開催や合同開催も実施しています。診断に精通しているスタッフが予約や支払、結果のデータ化まで手間のかかる作業は全て行ってくれ、全国各地にあるクリニックや健診センターにも対応していて、これまでに付き合いがある医療機関を利用出来るため新たにかかる業務はありません。

健康診断代行のコースや料金設定

コースや料金設定は組織ごとに設定可能で、ニーズに合わせて検査項目を追加出来ておすすめのコースなどの提案をしてくれます。全国どの健診機関で受診しても同じ検査料金で、統一料金での提案も可能です。申込みは組織の要望に応じてあり、24時間いつでも予約が可能なスマートフォンにも対応しているWEB申込や、電話でも受け付けています。定期健診だと事業所ごとに施設を設定し案内などもしてくれます。統一問診票を利用することで全ての受診者に対し毎年同様の問診がとれて、生活習慣の経年劣化や傾向を捉えて対策も出来ます。健診結果も同一の判定区分で見られるため、健康指導や受診勧奨を的確に行えます。膨大な時間がかかっていた予約や日程調整なども依頼可能で、違うフォーマットの健診結果も紙をデータ化し安全に保管が出来ます。

依頼することのメリットについて

健康診断を代行するメリットは、統一の個人結果通知で結果返却を行って結果に関した相談窓口などもあることです。管理者用の帳票として健康管理台帳と労基署報告用資料も提供してくれます。重症の判定が出た時には二次検査の案内なども可能で、リスト化して二次検査の受診管理も行えます。医療機関への予約や従業員への受診勧奨、紙の結果のデータ化に健保組合への補助申請など人事の健診に関わる全ての業務を代わりに行いサポートします。気になる料金ですがこれは各都道府県にある会社ごとによって違い、例えばある業者だと従業員一人で初期費用が1000円で、月額で400円、さらにそれ以外のオプションなどもかかります。企業は健診の実施が義務付けされているので、診断にかかる費用は全て企業が負担します。健診の料金はクリニックなどにより違いますが一般健診だと平均で約7000円前後ぐらいです。