健康診断を代行してもらうメリットデメリット

法律により、会社に勤めている人には年に1度の健康診断が義務付けられています。働く上で自分の健康状態を知ることはとても大切なことで、隠れている病気を見つけるきっかけにもなる大切なものです。しかし、全社員の病院を探し、予約をして清算をするということは面倒な手間がかかります。結果をデータ化するというようなことまでを考えると、その作業は膨大になることが分かるでしょう。多くの場合は人事部などがこの作業をすることになりますが、中には伝えても行かない人がいることもあり全員を管理するということは難しいです。そこで、最近注目を集めているのが代行です。人事部が今まで行っていた作業をすべてお願いできるので多くのメリットがあります。ただ、デメリットもあるので確認しましょう。

代行することで得られるメリット

年に1回の健康診断が義務付けられていますが、代行すれば予約からデータの管理までを全てお願いすることができ手間を大幅に省略することができます。医療機関がひとつでない場合、請求書や問診票などが異なるというケースが目立ちますが、統一された問診票の使用も可能です。受診券の発行などもしてくれ、面倒な手間から解放されます。人事部がかけていた時間や手間がなくなるので、そのほかの業務に集中して時間を配分できるのが大きなメリットです。同じ形式のフォーマットを使用することで比較しやすくしたり、事業所に合わせて検査項目を増やすこともできます。業種に合わせた検査をすることで、健康の管理もしやすくなるでしょう。全国どこの医療機関でも同一の料金にするなど、費用の面でも分かりやすいです。

代行することによるデメリットもある

健康診断という作業を外部に委託することで、人事部の作業内容を大幅に削減できますがその分の費用を支払わなければいけません。人事部でやっていた時の方が、場合によっては金額的に安くなっていたというケースもあるでしょう。かかるコストがどの程度になるのか、きちんと調べておかなければいけません。さらに、社員の名前や性別、年齢や健康状態といったとても個人的な情報を会社の外で扱うことで漏洩などには注意が必要です。情報の管理がしっかりしている会社を選び、他に漏れることがないようにしましょう。医療機関とのやりとりだったのが、間に会社が入ることで情報の伝達などにトラブルが起きないようにする必要もあります。メリットだけでなくデメリットもあるということを知っておきましょう。

健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 多様化する企業における健康管理の課題を解決いたします。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 ネットワーク健診とHSSのセット導入キャンペーンを行っています。 年間60万人以上の健康管理をサポートする実績を持ちます。 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 プロに任せよう!!健康診断は代行の利用がオススメです!